テレフォンセックスで”いい声”とはどんな声か

2015年4月20日 by yV6U4tQmCz | テレフォンセックスで”いい声”とはどんな声か はコメントを受け付けていません。 | Filed in 実際にやってみる

テレフォンセックスにおいては、”声”によるイメージが占める所が大きいですね。
実際に相手と会うのとは違い、表情や体系などの外見的情報を得る事は不可能ですので、どうしても声の質などの情報が、相手をイメージ付ける要素になるわけです。
つまり、声さえ良ければ誰だってイケメンになれちゃうってこと!
皆さん、これは決して大げさな表現ではありませんよ。
あの部分を刺激する
一般女性に聞いた「男性のセクシーに感じるポイント」には、「のど仏」や「チラッと見える鎖骨」、「キレイな指」や「腕に浮き上がる血管」などなど、視覚によって感じるものが多い中、「声」という聴覚によって得られるものが必ず挙げられます。
このことから、世の女性達がいかに声にも重点を置いているのかが窺い知れますね。
テレフォンセックスサイトのユーザーとしては、女性に気持ちいい状態になってほしいので、これは活かさない手はないでしょう。
では、彼女達の言う「いい声」というのは、具体的にどういったものを指すのでしょうか?
多くの場合、それは低い声であると言われています。
その理由は「たくましさ」を感じられるからで、魅力的な男性像と繋がるからですね。
また、「野太くて低い音」というのは、空気の振動を感じるのにも適しています。
音楽でいうベース音などがこれにあたり、LOW(低い)と言いますよね。
スピーカーを振るわせるのも、ちょうどこの音域の音です。
女性はこの振動を「子宮で感じる」「子宮に響く」と表現し、私達男性には理解する事が出来ませんが、それは好印象な言い回しで、どうやら心地よさを感じるものなのだとか。
多くの女性達が、無意識に異性に「声の低さ」を求めるのは、こういった理由も含まれているのです。
スピードも関係している
さらに、もう1つ気持ちいいテレフォンセックスに必要な要素は、話す際のスピードです。
ポイントは「ゆっくりと落ち着いて話すこと」。
これは、女性が男性に求める「頼もしさ」を演出する力を持っていますので、魅力的に聴こえるんですね。
しかしテレフォンセックスでは、落ち着きよりも「激しさ」も求められますよね。
例えばであいけいサイトランキング気持ちいいことを相手に伝える時や、絶頂を表す場合にも、言葉は自然と早くなるハズ。
ですから、それ以外、”女性を攻める時”や、”プレイに入る前の会話の時”には、ゆっくりと話すことを意識してみてはいかがでしょうか?
しばしばSM的なプレイも含まれるテレフォンセックスの世界では、この「低くゆっくり喋る」のは、相手を威圧するような力も持っていますので、Mの女性には特に喜ばれますよ。

テレフォンセックスの相手を見つけるには

2014年10月17日 by yV6U4tQmCz | テレフォンセックスの相手を見つけるには はコメントを受け付けていません。 | Filed in 実際にやってみる

テレフォンセックスは少々取っ付きにくいもののひとつですから、その気持がない女性に「テレフォンセックスしない?」と持ちかけても、あまり良い返事がもらえないことも考えてれます。アブノーマルではありませんが、マニアックな部類には入るでしょう。まず相手を見つけることが先決になるのです。コッチばかりが盛り上がってアヘアヘ言い出したら、相手にしてみれば変態からの電話を貰っているのと一緒です。同じように気持ちが盛り上がって、お互いがその気にならなければ上手くいきません。ひとりだけが盛り上がるのは、リアルなセックスよりも小っ恥ずかしいですよね。
テレフォンセックスに興味がある相手を見つけるのは、ツーショットダイヤルやアダルト対応のライブチャットなどのサイトに登録するのが早道です。コミュニティサイトで、相手を探すといった方法もあります。ツイッターやフェイスブック、掲示板などで相手を募集している人も、見かけますが、慣れるまでにはとんだトラブルに巻き込まれてしまう危険性もあります。初めのうちはサイトに登録するほうが安全です。そのうちに「いたずらか冷やかしか、他に目的があるのか」といった危険な香りは見極めることが出来るようになってきます。その時にツイッターや無料掲示板、フェイスブックなどにチャレンジしてみるといいかもしれません。
ただし様々な機能はあるのは、テレフォンセックスが出来るライブチャットなどです。人を覗き見することも出来ますし、バイブを遠隔操作したりする機能が付いているチャットルームもあります。視覚も満足させることが出来ますので、テレフォンセックスといえど大変リアルに近いセクスを楽しむことが可能です。
問題があるとすれば、「家族」です。全くの一人暮らしであればいつテレフォンセックスをしてもいいのですが、家族がいる場合にはみんながいない日や寝静まったときに活動するということになります。しかしそれでも万全とは言えません。どんなアクシデントが起こるかわからないものです。絶対に安全なのは店舗型のツーショットダイヤルやインターネットカフェ、個室を提供してくれるところを利用することになります。ホテルを利用するという手もありますが、パソコンから入会していると、ネット環境がないと出来ないということになります。もちろんスマホ対応のものもありますので、ホテル利用の場合にはそういったサイトを利用するとよいでしょう。

メル友という段階を踏むのもアリ

2014年10月17日 by yV6U4tQmCz | メル友という段階を踏むのもアリ はコメントを受け付けていません。 | Filed in 実際にやってみる

テレフォンセックスを楽しむには、相手との相性があります。
知り合い同士で行なう場合と比べて、インターネットで探す場合には、やはり赤の他人とするエッチな行為になりますから、事前にメル友という段階を踏むと良いです。
インターネットでは個人のブログが沢山ありますから、中にはエッチな女の子も存在しています。
元々、エッチ目的では無い場合には、難しいですが、相手が男性であなたが女性であるのであればチャンスは高いでしょう。男性が女性に求めるのはエロの要素でありますから、メル友=エッチな行為を抱いている、結果少なからずエッチな事を考えてる可能性も無くはありません。
異性との会話というのは、元々興味のあるジャンるが違うだけに、友人関係にはなりづらいですからね。親しくなってくれる相手は少なからず下心があるのだと言えるのかもしれませんよ。
異性同士の友人関係を否定する訳ではありませんが、気軽にできるプレイ内容ですから、その敷居は決して高くないかと思います。
最初の段階でメル友になり、親しくってから自然な流れの通話でエッチな会話をする事をお願いしてみましょう。
信頼関係が築けているのであれば、相手が欲求不満であった場合や、エッチな気分になっているのであればOKの返事を出してくれるかと思います。

テレフォンセックスで気をつけること

2014年10月17日 by yV6U4tQmCz | テレフォンセックスで気をつけること はコメントを受け付けていません。 | Filed in 実際にやってみる

テレフォンセックスは、テレフォンセックスだから特別にしなくていいというようなものはありません。確かに生身が側にあるわけではありませんので、触ったりして相手をその気にさせるようなことは出来ません。でもっこで間違えてはいけないのは、前戯というのは「触っているから気持ちよくなってくれている」というだけのものではないのです。前戯を受けているという気持ちの盛り上がりで、受け入れ態勢がだんだんできてくるのです。もし触っているから気持ちよくなっているということだけならば、挿入していればよくなってくることだって考えられますよね。でも多くの女性はいきなりインサートして、一生懸命に男性が動いても、そんなに満足できるセックスにはなりません。前戯は心をほぐしているといってもいいぐらいです。前戯によって感じているのは、心なのです。心が感じることによって、身体もそれに同調してゆきます。これが女性のメカニズムとも言えます。ですからテレフォンセックスでも、前戯は重要です。実際に挿入できるわけではないので、この部分で充分に心を感じさせていないと、この後が上手くいきません。
男性は視覚などでセックスを楽しみますが、女性は想像力で盛り上がることが出来ますし、それだけでイクコトだって出来ます。テレフォンセックスはそういった女性の特性にマッチしているものですから、そういう前戯や想像力を広げてくれる電話の向こうの相手に好意を持ったり信頼したりするものです。
しかし女性といえども、誰でもテレフォンセックスを受け入れることが出来るわけではありません。誰でも肯定的なものではありません。興味がない女性をその気にさせるのはそれほど難しことではありませんが、「私は嫌だ」と初めに思っている人はそれだけ警戒心が強いものです。リアルで恋人同士であったりしないと、なかなかそこに持ち込むのは困難。初めにセクシャルな会話ができるほどの信頼関係を作らない限り、持ち込むことは出来ないでしょう。
しかしテレフォンセックスに肯定的な女性であれば、気に入った相手とそういう事に流れこむことには抵抗感はありません。初めからその目的があるならば、なお良しです。できればそういう相手を見つけたいものですので、アダルト専用のツーショットダイヤルなどを利用するのもよいでしょう。またリアルで一度でもいいセックスをしたことがある相手となら、電話で楽しむことも簡単でしょう。その時のセックスを想起できるようなシュチュエーションを、言葉と音で作り出せばいいのです。